十二月議会

45平成24 年12 月議会が3 日から13 日まで開会され報告5 件議案22 件上程され審議の結果、全議案可決承認されました。本議会では補正予算6 億9556 万円提案され、子育て支援のための保育園整備のため1 億3700 万円計上しました。茂田井保育所が老朽化のため平成26 年3 月に閉園する予定にしており、それに変わる施設として三郷二丁目に民間保育園を開設するための補助金です。開設は平成25 年10 月定員130 名を予定しています。公共の保育園から民間の保育園へと、しかも駅に近いと言う事では、キャリアのある女性への子育て支援になるのではないかと思います。又、パスポートセンターを市庁舎3 階に平成25 年6 月に開設します。三郷市内でも年間約4000 件の申請があるという事で大変便利になるのではないかと思います。又、太陽光発電への補助は市民の要望が多く9 月にも補正予算を組みましたが本議会でも300 万の予算を組みました。本年度の申請は142 件に及び総発電量は576.56KW/h と言う事です。支出の大きなものは障がい福祉関連の医療費等です。又、彦糸小学校に統廃合された三郷団地北部の北郷小学校を学校法人獨協学園に敷地は30 年の無償貸与、校舎は無償譲渡する事を承認しました。ここに、獨協大学の看護専門学校を建設するものです。2クラス80 名の3 学年の学校で将来的には大学の看護学部へ移行する事も考えていると言う事です。老齢化が進む三郷団地の活性化と同時に文教的な街作りを目指す事も出来るのではないかと思います。開校は平成27 年4 月と言う事です。条例改正では、市民、事業者の安全と平穏を確保するための暴力団排除条例を制定しました。又、建物の機密性や断熱に配慮した低炭素建築物の申請手数料の条例の改正、その他国の法律改正に伴う条例の改正がありました。又、衆議院選挙が急遽決定したため、選挙関連費用4764 万円を事後承認する議案もありました。この費用は国政選挙のため国から交付されるものです。又、開会中に北朝鮮の大陸弾道弾の発射があり、抗議の決議文を上程し全会一致で議決しました。本議会は10 日間の開会でしたが、実質は6 日で、外は熱い選挙戦でしたが、一般質問者も10 名と、とても静かな議会でした。