教育・産業・環境整備・文化行政について提言

  • 教育問題について

    三郷市 教育問題について学校教育のあり方について、積極的に議論して来ました。子供たちの生活環境によって学力差が生ずる事はあってはならず、公教育の果たす役割は極めて大きく学力向上について最優先に取り組むべき課題であると考えています。いじめ、体罰等は許される事ではなく、大きな関心を持って取り組まなければ成らない問題とあると考えています。

  • 商工業・農業への取り組み

    三郷市 商工業・農業への取り組み大型店の進出は地域の商業者に取っては極めて厳しい環境にあります。進出が一巡した今、地域の商店街等の街路を含めた街づくりを進める必要があると考えています。工業については公共事業の中で、市内発注を考える必要があると、又、農業については、良好な景観の大切さ、安心安全な農産物の供給、消費者との関係を築いて行かなければと考えています。

  • スポーツ・文化行政への支援・障がい者支援

    sportsien健全な精神は健康な体から来るものであり市民スポーツの振興が必要です。豊かな街は地域文化度も高く市民の文化活動の支援をして行く事が必要と考えています。障がい者支援については障がい者の能力開発、特に芸術教育支援をして健常者にない能力域を広げる必要があると考えています。

  • 行政の民営化の促進とコスト意識

    gyouseinokosutoisiki財政状況が厳しい中では、行政コスト意識を徹底し、より効率的な仕組みを作るべきと考えています。善良な納税者がいる事を忘れてはなりません。行政サービスは誰が行うのではなくどの様なサービスを提供出来るかを考える事がこれからの時代です。

  •  
     

  • 放射能対策は今後も継続する必要

    housyanoutaisakuこの問題は忘れる事なく、個人の安全と生活環境周辺の安全を絶えず監視して行く事が必要と考えています。関心がなくなる事が問題で定期的な計測と公表が必要と考えています。